読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見るな

雑多

キモい文章1

昔は流行りが大嫌いで、小さい頃から流行りからどう冷静っぽい立場で外れられるかを考えてた これが最大の失敗だった そんなに小さいうちから流行りを冷静に、論理的に見て外れるなんてことは絶対できるわけがないのに 自分の頭の良さなんてある程度学年でレベリングされて然るべきなのに それに周囲が頭が悪いうちは頭が悪くいられるのに

頭が悪くいられる場はとても重要だ。物事は全部頭の悪い、粗いところから始めて、だんだん頭のいい領域に少しずつ、本当に少しずつ踏み入れていくのが良いに決まっている つまりは頭が悪くいられる場にいるうちに色々な物事の頭の悪い、粗い部分を馬鹿みたいにやっていればよかったんだ

会話が代表的、かつ致命的な例だ 少しの失敗、さらには被害妄想で思い悩むことによって頭の悪い、粗い会話をするのも、それを少しずつ頭良くしていくのもすべて無にしてしまった 具体的には中3~高1の間 本当に被害妄想が激しかった 

個人でやることに頭が悪くなるのはまだできる(ただこれも年齢が邪魔してなかなかできない)けど、会話を頭悪く粗く、なんてことはもう今からなんて出来やしない つまりは終わり